バイアグラを個人輸入で購入

メニュー

ED薬バイアグラを正しく購入する

バイアグラは医師の処方箋を持参して医療機関で購入する方法もありますが、その他にも購入量の規制はありますがインターネット等で個人輸入代行業者を介した海外製バイアグラの購入が可能です。

この購入法は購入量を守りさえすれば違法とはならないので、現状としては医師の診断が無くともバイアグラの購入は可能だということです。

それに海外製バイアグラは1ヶ月につき、1人1か月分を購入することができることが法律によって認められているので、転売する等の目的でなければ、その月の充足分を購入することができ、十分使用できる量を手に入れることができます。

このような状況も影響してか、現状、医師の診断なしでバイアグラを使用している人は驚くほど多くいるようです。

しかもこの傾向は日本だけでなく、世界各国の使用者も同様です。

それでは今回はバイアグラを使用する男性の現状を説明していきながら、一緒にその危険性を理解していきたいと思います。

■処方箋なしでバイアグラを購入している人の実態

バイアグラを購入

個人輸入業者から購入したバイアグラに多くの偽造薬が含まれていることは、よく取りざたされているので耳にした人も多いかと思います。

偽造薬の成分に関しては千差万別で、全くバイアグラの成分とは関係ない成分が含有されることもあれば、有効成分であるシルデナフィルが規定量よりも多く含有されていることがあるなど、色々なケースが想定されます。

しかし、シルデナフィルでない似たような働きをする新成分が含まれていたとしたらどうでしょう。

その成分は安全性を保証されておらず、どんな副作用が出るか分からない危険性をはらんでいるのです。

また、過剰に含有されている場合も同じです。

シルデナフィルの欠陥拡張作用が過剰に働き、酷い副作用に悩まされることも考えられます。

これらはどちらも最悪、死に至ることも考えられるので、安全にバイアグラを使うためにも安心できない個人輸入代行業者からの購入は控えるべきなのです。


関連ニュース: 韓国大統領府、バイアグラ364錠購入